バランスボールを使った筋トレ

私が、筋トレを始めようと思ったのは最近お腹周りが気になり、去年まで着れていた服が着れなくなったからです。
確かに中年太りというのはある様で、基礎代謝も落ち、若い頃の様に少し食事を控えた位では痩せなくなりました。そこで、普通の筋トレは体力的にも精神的にも長続きしないと思い、バランスボールを使った筋トレを自宅で始めてみました。
まずネットで調べやり方を覚え、最初は回数を少なく、メニューも少しの筋トレをしました。
身体の中で大きな筋肉を鍛えるのが一番効率が良いとかいてあったので、胸の筋肉と太ももの筋肉を中心に鍛えるメニューを考えました。
まず、基本はバランスボールの上に座れる様になる事で、座れるようになったら、腰を前後左右に動かして骨盤を整えます。そして筋肉は同じ所を毎日鍛えても意味がないとありましたので、私は曜日毎に鍛える部位を変えて筋トレをしました。
月曜日と木曜日は胸と腕、火曜日と金曜日は足、水曜日と土曜日は腹筋、日曜日は完全休日、と言う風に計画を立て実行しました。
そして最初から沢山のメニューはせず、簡単な物から取り入れ回数も10回3セットなら、最初は5回3セットと言うのを1週間続け、慣れてきたら回数を増やし1週間続け、それにも慣れてきたらメニューを増やしていくと言う具合にしました。
バランスボールを使って筋トレをすると、普通に筋トレするよりもバランスボールが程よいクッションの変わりになって楽に出来ます。
まず腕立て伏せですが、バランスボールの上に踵を乗せてやります。また逆にバランスボールの上に手を置いてする腕立て伏せもあります。
次に太ももですが、一番効果があるのがスクワットです。これはやり方を間違えると膝や腰を痛めたりするので、体勢に気をつけなければいけないのですが、バランスボールを使ってやる場合は壁と背中にバランスボールを挟んで、ボールを転がすようにして行うので、何も使わずにするよりも楽に出来ます。
しかし、回数を増やしたりメニューを増やしても物足りなくなって来るので、その時は足を深く曲げて筋肉にかかる負荷を大きくしたり自分なりの工夫をしました。

最初は体重の変化は全く無く、気持ちが萎えそうになりましたが、2週間ぐらいからお腹周りが確実に小さくなり体型が絞まってきました。そんな変化が少しでも見えてくると遣り甲斐もあり、今まで何をしても続かなかった三日坊主の私でも続ける事が出来ています。
サプリなどは全く取っていませんが、食事には気をつけて現在も進行中ですが、体重は2キロ程落ち筋肉も少しづつではありますが着いてきています。

そして、最後のトドメを決めるために、遂にライザップに申込むことにしました。
店舗は、無論、地元の⇒ライザップ 群馬 です。

群馬大学教育学部附属小学校

私が通っていた小学校は、群馬大学教育学部附属小学校です。
市内全域から通える特殊な小学校だったので、小学校まではバスで通っていました。
在学中に三回引っ越していますが、いずれの時もバスを使っていました。
目印になる建物はありませんでしたが、強いて言うなら、小学校の真ん前にバス停がありました。バス停名は「附属小前」。私も、三回目の引っ越しのあと、ここの停留所を通るバスを利用し始めたため、毎日ここのバス停で降りていました。
得意科目は、社会と音楽。苦手科目は算数でした。社会系は歴史の授業が得意でした。その影響か、今私は大学院で日本史系統の研究をしています。音楽は、5歳からバイオリンをやっていたので、当然得意でした。苦手の算数は、計算問題はからっきしでしたが、図形問題はなぜか得意でした。でも、やはりテストをすると、算数がいつも他の教科より点数が悪かったです。
同級生にはいろいろな人がいました。学年中の女子からモテモテの男子。かなりの問題児。いじめっ子。挙げていけばきりがありません。かくいう私は、かなりのいじめられっ子でした。学年中の女子からモテモテの男子には、私も当然のように恋をして、小学校を卒業するまで好きでした。

 

まあ、相手にはバレバレでしたが。その男子もやはり、卒業するまでモテ続けていました。かなりの問題児の子には、先生方も相当手を焼いていました。幸い、同じクラスになったことはありませんでしたが、傍から見ても大変そうでした。詳細は後で書きますが、いじめっ子達には、私はかなりいじめられました。

 

私は、担任の先生にはかなり恵まれました。小学校1年から4年までいじめられていましたが、(それぞれいじめっ子は違いました)各担任の先生は私の相談に乗ってくれて、相手に何度も注意してくれました。小3から小4の時のいじめが一番ひどかったのですが、小3から小4に挙がるとき、担任の先生が持ち上がりました。理由は、小学生の私でもわかりました。私の小学校は二年ごとのクラス替えだったので、この時クラスのメンバーは変わりませんでした。つまり、私はいじめっ子と2年間同じクラスで過ごさなければなりませんでした。だから、担任の先生が持ち上がったのです。本当に感謝してもしきれませんでした。ちなみに、小5から小6にあがる時も担任が持ち上がっています。この時の理由は分かりません。
小学校で一番楽しかったのは、小5と小6の時です。初めていじめというものから解放され、本当にすべてのことが楽しかったです。

嫌だったことは、当然いじめです。小1の時点で、私はジャングルジムの上になわとびで縛り付けられてました。

悪口は日常茶飯事。物はなくなる。それほどまでのいじめられっ子でした。
小学校で様々な体験をした私ですが、中学は系列の群馬大学附属中学校にエスカレーター進学しました。
親の転勤などで県外に出る子以外は、みんなここに進学しました。
以上が、私の小学校時代です。